ジンマン/チューリヒ・トーンハレ管弦楽団によるブラームス交響曲全集の感想


ブラームス 交響曲全集
 ジンマン/チューリヒ・トーンハレ管弦楽団
 RCA 2010年ライヴ 88697933492
88697933492

デイヴィッド・ジンマン指揮チューリヒ・トーンハレ管弦楽団の演奏によるブラームス交響曲全集。2010年4月チューリヒ、トーンハレでのライヴ録音。

ブラームスゆかりのオーケストラ、トーンハレ管のブラ全。ジンマン/トーンハレ初のライヴ録りらしい。フォルムは理知的、響きは中量級、細部まで神経の行き届いたアンサンブル展開、内声部の実在感の強さ、とくに低声部の入念な浮き出しぶりが冴える。16型フル編成のオケを使いながら、実に室内楽的に精緻なブラームスである。内声・低声のアクティビティの強いアンサンブルはフォルテでも透過性の高いハーモニーをコンスタントに供給する。問題は迫力面が全体的に伸び切らず、凄味という意味での表出力が弱いこと。ブラ2は来日公演で聴いたが、実演だともっと響きに表出力が漲るのだが、、、。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.