ガンバ/アイスランド交響楽団によるダンディのセヴェンヌ交響曲の感想


ダンディ フランスの山人の歌による交響曲(セヴェンヌ交響曲)
 ガンバ/アイスランド交響楽団、ロルティ(pf)
 Chandos 2012年 CHAN10760
CHAN10760.jpg

ラモン・ガンバ指揮アイスランド交響楽団の演奏(ピアノ・パート:ルイ・ロルティ)によるダンディのフランスの山人の歌による交響曲(セヴェンヌ交響曲)。英シャンドス。2012年アイスランド、レイキャビクでのセッション録音。ほかにダンディの歌劇「フェルヴォル」第1幕への前奏曲、交響的伝説「サルビアの花」および管弦楽組曲「メデー」が併録されている。

セヴェンヌ交響曲におけるロルティのピアノが最高に美しい。第1楽章の第1テーマをピアノが大きく奏でるあたりの幻想的な美しさは筆舌に尽くし難い。ガンバ/アイスランド響の美演も素晴らしい。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.