ガードナー/BBC交響楽団によるウォルトンの交響曲第1番


ウォルトン ヴァイオリン協奏曲、交響曲第1番
 ガードナー/BBC交響楽団、リトル(vn)
 シャンドス 2013・2014年 CHSA5136
CHSA5136.jpg

エドワード・ガードナー指揮BBC交響楽団によるウォルトンの交響曲第1番。英シャンドスの新譜。2014年2月クロイドン、フライアーフィールド・ホールでのセッション録音。同じくウォルトンのヴァイオリン協奏曲も収録されており、こちらは2013年ワトフォード・コロッセウムでのセッション。ヴァイオリン独奏者はタスミン・リトルが務めている。

最近のガードナーは様々なオケを指揮して様々な作曲家のアルバムを立て続けにリリースしているが、いずれのアルバムでもハイレベルな演奏を披露していて、ちょっと目が離せない。今回は自国イギリスの作曲家ウォルトンのシンフォニーをBBC響と録音ということで早速入手した。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.