ヴァネッサ・ワーグナーによるラヴェルのピアノ作品集


ラヴェル ピアノ作品集
 ワーグナー(pf)
 Aparte 2013年 AP062
AP062.jpg

ヴァネッサ・ワーグナーの演奏によるラヴェル・ピアノ作品集。仏Aparteの新譜。2013年パリでのセッション録音。収録曲はマ・メール・ロワ、高雅にして感傷的なワルツ、夜のガスパール、亡き王女のためのパヴァーヌ。

先月のラ・フォル・ジュルネで聴いた実演が非常に印象的だったワーグナー。アメリカの現代音楽作曲家の手によるピアノ作品集を並べたプログラム(詳細はこちら)だったが、電子的処理を施されていたとはいえ、その異様な美しさを帯びたピアノの音色に深い印象を刻み込まれたコンサートだった。

そのワーグナーの新譜がタイミング良くリリースされたので、早速入手した。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.