スクロヴァチェフスキ/NFMヴロツワフ・フィルによるルトスワフスキ交響曲第1番&管弦楽のための協奏曲


ルトスワフスキ 交響曲第1番、管弦楽のための協奏曲
 スクロヴァチェフスキ/NFMヴロツワフ・フィル
 Cd Accord 2013年ライヴ ACD196
ACD196.jpg

スタニスラフ・スクロヴァチェフスキ指揮NFMヴロツワフ・フィルハーモニー管弦楽団の演奏によるルトスワフスキの交響曲第1番、および管弦楽のための協奏曲。CDアコードの新譜。2013年5月ポーランド、ヴロツワフにおけるヴィトルド・ルトスワフスキ・フィルハーモニック・コンサート・ホールでのライヴ録音。

昨年秋に驚異的な水準の新譜を立て続けにリリースしたスクロヴァチェフスキ。今回はポーランドのCDアコードからルトスワフスキの作品集をリリース。とりわけ交響曲第1番は昨年ガードナー/BBC響の録音およびサロネン/ロサンジェルス・フィルの録音がリリースされたが、これらのCDとの解釈の違いにも注目してみたい。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.