ロイス/カペラ・アムステルダムによるプーランクのスターバト・マーテル


プーランク スターバト・マーテル、テネブレの7つの応唱
 ロイス/カペラ・アムステルダム
 ハルモニア・ムンディ 2012年 HMC902149
HMC902149.jpg

ダニエル・ロイス指揮カペラ・アムステルダムの合唱によるプーランクのスターバト・マーテル、およびテネブレの7つの応唱。仏ハルモニア・ムンディの新譜。2012年エストニアでのセッション録音。ソプラノはキャロリン・サンプソン。オーケストラ演奏はエストニア国立交響楽団。

プーランクのスターバト・マーテルのCDに関しては、最近ステファヌ・ドゥネーヴ/シュトゥットガルト放送交響楽団の録音、それにパーヴォ・ヤルヴィ/パリ管弦楽団の録音と、いずれもドイツのレーベルから秀逸な新譜がリリースされていたが、今度はフランスの名門レーベルからの新譜リリース。ロイス/カペラ・アムステルダムは2008年のラ・フォル・ジュルネで耳にしたシューベルトのミサ曲が素晴らしかったので、早速入手した。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.