ノリントン/シュトゥットガルト放送交響楽団のロマン派交響曲録音集


「ノリントン&シュトゥットガルト放送響 ロマン派交響曲集」
 ノリントン/シュトゥットガルト放送交響楽団
 Hanssler 2001~2010年 93313
93313.jpg

サー・ロジャー・ノリントン指揮シュトゥットガルト放送交響楽団によるロマン派交響曲録音集。2001~2010年シュトゥットガルトでのセッションとライヴ録音。

独ヘンスラーから先月リリースされたボックスセット。このコンビによるシューベルト、ブラームス、ブルックナー、マーラーなどのロマン派交響曲の録音がCD10枚に集成されている。

ノリントン/シュトゥットガルトのロマン派系の録音はこれまで食わず嫌いで概ね未聴だった。しかし、このコンビの最後の来日公演で披露したエルガーのエニグマ変奏曲の素晴らしさは今でも忘れ難い。そのエニグマも今回リリースのセットに含まれていることもあり、この機会に入手した。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.