シャマユによるシューベルトのピアノ作品集


シューベルト ピアノ作品集
 シャマユ(pf)
 エラート 2013年 2564637078
2564637078.jpg

ベルトラン・シャマユの演奏によるシューベルトのピアノ作品集。仏エラートの新譜。2013年パリでのセッション録音。

シューベルトの作曲したピアノ曲5作品(幻想曲「さすらい人」D.760、12のドイツ舞曲D.790、3つの小品D.946、アレグレットD. 915、レントラーD.366-12)に加え、シューベルトの歌曲をリストが編曲したピアノ曲が3曲、それにシューベルトの原曲をリヒャルト・シュトラウスがスコア化したとされる「クーペルヴィーザー・ワルツ」というピアノ曲が収録されている。

昨年のラ・フォル・ジュルネで披露した絶妙なラヴェルが記憶に新しいシャマユ。老舗エラートから個性的なシューベルトのアルバムがリリースされたので興味津々で入手した。

ちなみに本アルバムの最後に収録されているクーペルヴィーザー・ワルツというのは、ライナーノートに書かれているシャマユの解説によると、もともとは1826年にシューベルトが友人レオポルド・クーペルヴィーザーの結婚式において即興でピアノ演奏した曲だが、シューベルト自身スコア化しなかったにも関わらず耳から耳へ時代を超えて聴き継がれていき、最終的にリヒャルト・シュトラウスにより1943年にスコア化されており、これは西洋クラシック音楽の伝承における希有の例だと述べられている。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.