イッサーリスとレヴィンによるベートーヴェンのチェロ・ソナタ全集


ベートーヴェン チェロ・ソナタ全集
 イッサーリス(vc)、レヴィン(pf)
 Hyperion 2012年 CDA67981
CDA67981.jpg

スティーヴン・イッサーリスのチェロとロバート・レヴィンのピアノによるベートーヴェンのチェロ・ソナタ全集。英ハイペリオンの新譜。2012年ロンドン、ヘンリー・ウッド・ホールでのセッション録音。ベートーヴェンのチェロ・ソナタ全5曲に加え変奏曲3曲(WoO.45、Op.66、WoO.46)およびホルン・ソナタOp.17のチェロ編曲版の計9曲が収録されている。

魅力的な新譜を立て続けにリリースしているイッサーリス。前回リリースされたドヴォルザークのチェロ協奏曲は、この曲のベスト録音ではないかとさえ思ったほどであり、当分イッサーリスの新譜には目が離せそうにないが、今回はチェロ奏者にとっての新約聖書ともされているベートーヴェンのチェロ・ソナタ全集をリリース。イッサーリスのガット弦のチェロと掛け合うのがフォルテ・ピアノの名手ロバート・レヴィンというのも楽しみ。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.