ステンハンマル四重奏団によるステンハンマルの弦楽四重奏曲第5番&第6番


ステンハンマル 弦楽四重奏曲第5番&第6番ほか
 ステンハンマル四重奏団
 Bis 2011年・2012年 BISSA2009
BISSA2009.jpg

ステンハンマル四重奏団の演奏によるステンハンマルの弦楽四重奏曲第5番&第6番および弦楽四重奏曲へ短調 。瑞BISの新譜。2011年~2012年スウェーデンでのセッション録音。

このカルテットによるステンハンマルの弦楽四重奏曲録音プロジェクトの第2集となるアルバムであり、今回は全6曲のカルテットのうち最も喜悦的な第5番と最も深みのある第6番が収録されている。前回リリースの第1集は演奏・音質ともに驚異的なレベルと感じたので今回も早速入手した。

なお、弦楽四重奏曲へ短調は本CDが世界初録音とされている。この作品は1897年に作曲され、本来これが弦楽四重奏曲第3番となるはずだったが、終楽章が気に入らないという理由で初演直後に破棄された。しかし他の楽章は悪くないと思っていたので、いずれ終楽章を改訂して世に出すつもりだったが、最終的には断念したという。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.