ネゼ=セガン/フィラデルフィア管弦楽団によるストラヴィンスキー「春の祭典」


ストラヴィンスキー バレエ音楽「春の祭典」ほか
 ネゼ=セガン/フィラデルフィア管弦楽団
 グラモフォン 2013年 4791074
4791074.jpg

ヤニック・ネゼ=セガン指揮フィラデルフィア管弦楽団の演奏によるストラヴィンスキー「春の祭典」。グラモフォンの新譜。2013年3月フィラデルフィア、ヴェリゾン・ホールでのセッション録音。ほかに大バッハのオルガン曲のストコフスキーによるオーケストラ編曲作品も3曲ほど収録されている。

フィラデルフィア管弦楽団はデュトワとの来日時の実演が印象深かったので以降の新譜は注目していたのだが、新譜どころかオケ自体が経営難による破産申請というまさかの展開に。幸い再建プロセスは完了し、新たな音楽監督ネゼ=セガンのもとで新たなスタートを切ったことは周知の通り。こうして新譜も出るようになったし、新生フィラデルフィア管弦楽団の船出は、ひとまず順調というべきか。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.