ガードナー/BBC交響楽団によるシマノフスキのスターバト・マーテル


シマノフスキ スターバト・マーテルほか
 ガードナー/BBC交響楽団
 シャンドス 2013年 CHSA5123
CHSA5123.jpg

エドワード・ガードナー指揮BBC交響楽団の演奏によるシマノフスキのスターバト・マーテルとバレエ音楽「ハルナシェ」。英シャンドスの新譜。2013年1月イギリス、クロイドンのフェアフィールド・ホールでのセッション録音。歌手はルーシー・クロウ(ソプラノ)、パメラ・ヘレン・スティーヴン(メゾ・ソプラノ)、ガボール・ブレッツ(バリトン)、ロバート・マレイ(テノール)。

ガードナー/BBC響は一連のルトスワフスキ作品の録音に傾聴させられたが、それに続いて今度は同じポーランドの作曲家シマノフスキの声楽作品集をリリースということで早速入手した。

シマノフスキのスターバト・マーテルといえばゲルギエフ/ロンドン響の新譜が出たばかりだが、このコンビは、前回のルトスワフスキ交響曲第1番のリリース時もサロネン/ロス・フィルにタッチの差で後れを取った。いずれもビッグネームの指揮者の録音の影に隠れる形になり、どうも間が悪いように思うが、セッションで細部まで吟味して洗練味の高いアンサンブルを構築し、すこぶるブラッシュアップされた演奏を披歴する持ち味が魅力的なコンビだけに、今回の新譜にもじっくりと耳を傾けてみたい。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.