マゼール/シュトゥットガルト放送響によるベートーヴェンの2番とバルトークのオケコン


ベートーヴェン コリオラン序曲、交響曲第2番
&バルトーク 管弦楽のための協奏曲
 マゼール/シュトゥットガルト放送交響楽団
 Hanssler 1958年ライヴ 94224
94224.jpg

ロリン・マゼール指揮シュトゥットガルト放送交響楽団の演奏によるベートーヴェンのコリオラン序曲と交響曲第2番およびバルトークの管弦楽のための協奏曲。独ヘンスラーの新譜。1958年シュトゥットガルト、リーダーハレでのライヴ録音。

50年代後半というと既に新進気鋭の指揮者としてのマゼールの評価が確立されていた時期であり、とりわけベルリン・フィルを指揮して58年に録音したベートーヴェン「運命」における(当時としては)かなり先鋭かつ緻密なアプローチは印象深いが、今回リリースのシュトゥットガルト放送響とのライヴも同じ年の録音なので聴いてみたいと思い入手した。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.