カサドシュ&ミトロプーロス/ウィーン・フィルによるベートーヴェン「皇帝」の1957年ルツェルンライヴ


ベートーヴェン ピアノ協奏曲第5番「皇帝」
&モーツァルト ピアノ協奏曲第20番
 カサドシュ(pf) ミトロプーロス/ウィーン・フィル
 ハスキル(pf) クレンペラー/フィルハーモニア管弦楽団
 Audite 1957年・59年ライヴ AU95623
AU95623.jpg

クララ・ハスキルのピアノ独奏とオットー・クレンペラー指揮フィルハーモニア管弦楽団の伴奏によるモーツァルトのピアノ協奏曲第20番、およびロベール・カサドシュのピアノ独奏とディミトリ・ミトロプーロス指揮ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏によるベートーヴェンのピアノ協奏曲第5番「皇帝」。独Auditeの新譜。1957年(ベートーヴェン)、1959年(モーツァルト)ルツェルン音楽祭でのライヴ録音。
 
カサドシュの「皇帝」には複数の録音がリリースされているが、個人的にはハンス・ロスバウト指揮アムステルダム・コンセルトヘボウとの録音が珠玉の名演だと思っている。今回Auditeからリリースされたのはその4年前のライヴでオケがウィーン・フィルということもあり興味津々で入手した。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.