クラッゲルードとトロムソ室内管弦楽団によるグリーグのヴァイオリン・ソナタ集(協奏曲版)


グリーグ ヴァイオリン・ソナタ第1番~第3番(協奏曲版)
 クラッゲルード(vn) トロムソ室内管弦楽団
 Naxos 2013年 8573137
8573137.jpg

ヘニング・クラッゲルードのヴァイオリン・ソロとトロムソ室内管弦楽団の伴奏によるグリーグのヴァイオリン・ソナタ第1番~第3番(協奏曲バージョン)。ナクソスの新譜。ノルウェー、トロムソ、グレンネセン教会でのセッション録音。

もともとグリーグがヴァイオリン・ソナタとして作曲した3曲の原曲をクラッゲルードとベルント・シーメン・ルンド(トロムソ室内管のメンバーのチェリスト)とが共同でヴァイオリン協奏曲に編曲した版が用いられている。

クラッゲルードとしては前回リリースの北欧ヴァイオリン名曲集から一年ぶりの新譜。北欧系作品の演奏に無類の強さを発揮するヴァイオリニストだが今回も北欧系のアルバムということで早速入手した。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.