ミンゲット・カルテットによるリームの弦楽四重奏曲第11番


リーム 弦楽四重奏曲第11番ほか
 ミンゲット・カルテット、ベルハイム(pf)
 Wergo 2011・2012年 WER6756
WER6756.jpg

ミンゲット・カルテットの演奏によるリームの弦楽四重奏曲第11番。独Wergoの新譜。2011年ドイツ、ケルンでのセッション録音。

他にリームの「インタースクリプトゥム」(2000~2002年に作曲)と「グラーヴェ(トーマス・カクシュカの思い出に)」(2005年に作曲)が併録されている。いずれも2012年の録音。「インタースクリプトゥム」は弦楽四重奏とピアノのための作品。ピアノ演奏はマルクス・ベルハイムが務めている。

現代音楽界の重鎮ヴォルフガング・リームは弦楽四重奏曲のジャンルを愛する(現代としては希有な)作曲家として知られており、1970年に弦楽四重奏曲第1番を作曲以降、継続的に同ジャンルの作曲を続けており、現在は弦楽四重奏曲第13番(2011年)まで作曲されている。

本CDの弦楽四重奏曲第11番は1998年に作曲を開始しながら、途中で作曲を保留し、最終的に完成したのが2010年という作品。ちなみにリームの弦楽四重奏曲第12番の方は2000年に作曲を開始し2001年に完成したことから、両曲で完成年と番号が逆転してしまっている。

ミンゲット・カルテットは以前コル・レーニョにリームの一連の弦楽四重奏曲を継続的に録音していた団体だが、今回はヴェルゴからのリリースとなっている。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.