ヘンシェル&ベレゾフスキーによるマーラーの「子供の不思議な角笛」による歌曲全曲


マーラー 「子供の不思議な角笛」による歌曲全曲
 ヘンシェル(br)、ベレゾフスキー(pf)
 Evil-Penguin 2012年 EPRC013
EPRC013.jpg

ディートリヒ・ヘンシェルのバリトン歌唱とボリス・ベレゾフスキーのピアノ伴奏によるマーラーの「子供の不思議な角笛」による歌曲全曲。ベルギーのEvil Penguin Recordsの新譜。2012年ロッテルダムでのセッション録音。

マーラーがドイツの民衆歌謡「子供の不思議な角笛」の歌詞に基づいて作曲した全ての歌曲を収録する、というコンセプトに基づき歌曲集「子供の不思議な角笛」全12曲(「三人の天使が歌った」と「原光」を含む)と、歌曲集「最後の7つの歌」の「死せる鼓手」と「少年鼓手」の2曲と、歌曲集「若き日の歌」のうち第2集と第3集に含まれる9曲、以上の計23曲の歌曲が収録されている。

ラ・フォル・ジュルネでお馴染みベレゾフスキーの最新録音でありアルバムのコンセプトも斬新、ということで早速入手したが、ベレゾフスキーといえばヴィルトゥオーゾ・タイプの豪腕ピアニスト。歌曲の伴奏には正直どうかとも思った。

しかしブックレットの解説によるとベレゾフスキーの起用はマーラーの歌曲の特殊性を考慮した上での選択であるという。というのもマーラーの歌曲の伴奏パートは通常の歌曲作品と異なりフル・オーケストラをイメージして作曲されているため、ピアノ伴奏といえどもピアニストにはオーケストラに匹敵する表現レンジを具有する奏者が適任だからで、そこにベレゾフスキーを起用した意義があるとのこと。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.