レナード・バーンスタイン歴史的放送録音集(1946~61年)


「レナード・バーンスタイン歴史的放送録音集1946~61」
 バーンスタイン/ボストン交響楽団、ニューヨーク・フィル他
 WHRA 1941~61年ライヴ WHRA6048
WHRA6048.jpg

米West Hill Radio Archiveから先月リリースされたセット。レナード・バーンスタインが1940年代から60年代初頭にかけてボストン交響楽団およびニューヨーク・フィルを指揮して収録した放送用録音が全11枚のCDに集成されている。

収録曲で主だったところを挙げるとボストン響との録音では、シューマン交響曲第2番(1946年)、ショスタコーヴィチ交響曲第7番「レニングラード」(1948年)、マーラー交響曲第2番「復活」(1949年)、メシアンのトゥーランガリラ交響曲(1949年の世界初演のリハーサル)。ニューヨーク・フィルとの録音では、バーンスタイン交響曲第2番(1950年)、ストラヴィンスキー「春の祭典」(1951年)、コープランド交響曲第2番(1957年)、ピストン「管弦楽のための協奏曲」(1959年)、チャベス交響曲第4番(1960年)、ダイアモンド交響曲第8番(1961年)。ライヴ以外で唯一収録されている1941年セッション録音のダイアモンド「前奏曲とフーガ第3番」はバーンスタインの初の録音(ピアニストとしてのレコーディングデビュー)として知られる。

とりわけ1949年のマーラー2番に興味を引かれた。現在までにCDで正規リリースされているバーンスタインのマーラー2番の全曲録音は1963年のニューヨーク・フィルとのセッション1973・74年のロンドン交響楽団とのセッション1987年のニューヨーク・フィルとのライヴ、および1958年のフランス国立放送管弦楽団とのライヴの4種類なので、今回のWHRA盤は5種めのリリースになるはず。

本セットの録音解説(これはCD-ROMに収録されている)によると、この49年の録音以前にもバーンスタインは1947年にニューヨーク・フィルの演奏会でマーラー2番を取りあげ、1948年にもボストン交響楽団とイスラエル・フィルを指揮して同曲を演奏しているとのこと。また同解説にいわく、以後も大事なコンサート(たとえば1970年のクリーブランド管弦楽団との一期一会の演奏会など)でマーラーの2番を取り上げるなど、この曲にバーンスタインは生涯にわたって強い思い入れを抱き続けたとされている。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.