ベルニウス/ホフカペレ・シュトゥットガルトによるベートーヴェンのハ長調ミサ


ベートーヴェン ミサ曲ハ長調
 ベルニウス/ホフカペレ・シュトゥットガルト
 Carus 2011年 83295
83295.jpg

フリーダー・ベルニウス指揮ホフカペレ・シュトゥットガルトの演奏によるベートーヴェンのミサ曲ハ長調。独カールスの新譜。2011年ドイツ、アルピルスバッハ修道院教会でのセッション録音。

声楽陣はマリア・ケオハネ(ソプラノ)、マルゴット・オイツィンガー(アルト)、トーマス・ホッブズ(テノール)、セバスティアン・ノアク(バリトン)およびシュトゥットガルト室内合唱団。

また、余白にはケルビーニが1829年に作曲した"Sciant gentes"という宗教曲が収録されているが、これは世界初録音と記載されている。

スウェーデンのソプラノ歌手マリア・ケオハネが歌唱陣に含まれている。録音の少ない歌手だが、奇遇にも前記事のリチェルカール・コンソートのヴェックマンと同じタイミングでのリリース。

ホフカペレ・シュトゥットガルトはドイツの指揮者フリーダー・ベルニウスが19世紀音楽の演奏を射程として2006年に設立した室内オーケストラ。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.