ガンバ/アイスランド交響楽団によるダンディのセヴェンヌ交響曲


ダンディ フランスの山人の歌による交響曲(セヴェンヌ交響曲)
 ガンバ/アイスランド交響楽団、ロルティ(pf)
 Chandos 2012年 CHAN10760
CHAN10760.jpg

ラモン・ガンバ指揮アイスランド交響楽団の演奏(ピアノ・パート:ルイ・ロルティ)によるダンディのフランスの山人の歌による交響曲(セヴェンヌ交響曲)。英シャンドスの新譜。2012年アイスランド、レイキャビクでのセッション録音。

ほかにダンディの歌劇「フェルヴォル」第1幕への前奏曲、交響的伝説「サルビアの花」および管弦楽組曲「メデー」が併録されている。

個人的に注目しているピアニスト、ロルティがピアノ・パートを務めているということで入手したCDなのだが、ライナーノートを読んでいて気がついたことには、このダンディの代表作として知られるセヴェンヌ交響曲を世界初演したオーケストラは、奇遇にも先月ラ・フォル・ジュルネで聴いたばかりのフランスのラムルー管弦楽団だった。ラムルー管はダンディゆかりのオーケストラだったようで、本CD収録の「サルビアの花」の世界初演も行っている。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.