ギレリスのルートヴィヒスブルク音楽祭におけるベートーヴェンのライヴ


ベートーヴェン ピアノ・ソナタ「告別」・第7番・第25番ほか
 ギレリス(pf)
 ヘンスラー 1980年ライヴ 94221
94221.jpg

エミール・ギレリスのピアノ演奏によるベートーヴェンのピアノソナタ第7番、第25番、第26番「告別」およびエロイカ変奏曲。独ヘンスラーの新譜。1980年ドイツ、ルートヴィヒスブルク音楽祭でのライヴ録音。

ちょうど鍵盤の獅子王バックハウスのベートーヴェンの初出録音(前記事)と同じタイミングでリリースされた鋼鉄のピアニスト・ギレリスのベートーヴェンの初出録音。奇しくも双方に告別ソナタが含まれている。

ギレリスが晩年にグラモフォンにスタジオ録音したCD9枚組のベートーヴェン・ソナタ集では硬質な音色と瞑想的なタッチがギレリス独自の厳しいベートーヴェン像を織りあげている。それと同時期のライヴということで早速入手した。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.