デュメイ&児玉桃によるドビュッシーとフランクのヴァイオリン・ソナタ(LFJ2013公演)


5/4 東京国際フォーラムB7ホール
LFJ2013 公演227

lfj-2013-227.jpg

ドビュッシー ヴァイオリン・ソナタ
フランク ヴァイオリン・ソナタ
 オーギュスタン・デュメイ(ヴァイオリン)
 児玉桃(ピアノ)

デュメイの実演に接するのは2年前のLFJ以来で、今回と同じく児玉桃とのデュオによるブラームスのヴァイオリン・ソナタが演目だったが、その時はよみうりホールだった。今回はB7で至近距離で聴いたのだが、そのせいもあり今回の方が演奏のインパクトが数段上だった。

演目的にもデュメイの得意中の得意フランク&ドビュッシーのソナタということもあり、揺るぎないフォームと盤石のテクニックから繰り出されるフレージングの魅惑的なこと、熟した音色の鮮やかさ、闊達なボウイングが紡ぐメロディの表出力の強さ。共演経験を重ねている両名手の息の合った掛け合いも素晴らしい。とくにフランクのヴァイオリン・ソナタは、最近デュメイがリリースしたロルティとの録音も素晴らしかったが、それすら今回の実演の前では霞んでしまうほどだった。

今回の実演を聴いていて気がついたのは、デュメイの弾き回しには前日のトリオ・ヴァンダラーの演奏で感じた透明な響きの肌ざわりが随所に潜んでおり、それが演奏の味わいを一層に引き立たせているということだった。それは特にドビュッシーのヴァイオリン・ソナタの方から顕著だったが、フランクでも継承されていたため、それがフランクの室内楽特有のアクの強さを薄め、音楽的にリファインされていたのは、デュメイならではだろう。事実、先刻同じホールで聴いたフランクのピアノ五重奏曲には途中で正直もたれたが、デュメイの弾くフランクは全然もたれない。

あらためて思ったが、今年のLFJのテーマは「パリ、至福の時」ということでフランス系の演目が中心のラインナップだったが、考えてみれば本場ラ・フォル・ジュルネはフランスの音楽祭なわけで、当初からフランス作品を得意とするアーティストやアンサンブルが数多く参画していたのだが、今年はそのあたりの本領がいかんなく発揮された感があり、例年以上に高い水準の公演が目白押しだった。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.