スヴェトラーノフとベルリン・フィルの一期一会コンサートにおけるチャイコフスキーのマンフレッド交響曲


チャイコフスキー マンフレッド交響曲ほか
 スヴェトラーノフ/ベルリン・フィル
 Testament 1989年ライヴ SBT21481
SBT21481.jpg

エフゲニー・スヴェトラーノフ指揮ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏によるチャイコフスキーのマンフレッド交響曲。英テスタメントの新譜。

1989年3月ベルリン、フィルハーモニーでのコンサート(スヴェトラーノフとベルリン・フィルの顔合わせは本コンサートが最初で最後だったとされる)のライヴ録音。ほかに当日のコンサートで演奏されたベートーヴェンのレオノーレ第3番、およびハイドン交響曲第100番「軍隊」も収録されている。

スヴェトラーノフは昨年ICAから出たフィルハーモニア管とのラフマニノフ交響曲第2番とヴァイトブリックから出たスウェーデン放送交響とのサン=サーンスの「オルガン付き」がいずれも超弩級の演奏内容だったが今回はテスタメントの方からベルリン・フィルを指揮したチャイコフスキーのライヴがリリースということで興味津々で入手した。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.