ズッカーマンによるベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ全集


ベートーヴェン ヴァイオリン・ソナタ全集
 ズッカーマン(vn)、ナイクルグ(p)
 RCA 1990・91年 88765440142
88765440142.jpg

ピンカス・ズッカーマンのヴァイオリンとマーク・ナイクルグのピアノによるベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ全集。1990・91年ニューヨーク、マンハッタン・センターでのセッション録音。

先月リリースされたバジェットボックス。ズッカーマンのソニー時代の録音だが、未聴につき入手した。

イスラエル出身の名手ズッカーマンは最近こそ新譜のリリースが途絶えているものの演奏活動は現在も順調に続けており、一昨年の宮崎国際音楽祭においては原発事故の災厄を恐れて来日をキャンセルする演奏家が続出するなか、同音楽祭のために急きょ来日を決め、同地でリサイタルを行っている。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.