アルミンク/新日フィルによるマーラーの「嘆きの歌」


マーラー 嘆きの歌(初稿版)
 アルミンク/新日フィル
 フォンテック 2012年ライヴ FOCD6035
FOCD6035.jpg

クリスティアン・アルミンク指揮、新日本フィルハーモニー交響楽団の演奏によるマーラーの「嘆きの歌」。フォンテックの新譜。2012年5月東京すみだトリフォニーホールでのライヴ録音。歌唱陣は天羽明惠(ソプラノ)、アネリー・ペーボ(メゾ・ソプラノ)、望月哲也(テノール)、イシュトヴァーン・コヴァーチ(バス)。

歌唱陣にバスが加わっていることからも明らかなように1880年初稿に基づく演奏であり、最終稿でカットされた「森のメルヘン」が曲の最初に置かれた形となっている。

どうしたものかブーレーズ/ウィーン・フィルの新譜と同時リリースとなったアルミンク/新日フィルの「嘆きの歌」。初稿/最終稿という違いも含めて聴き比べてみるも一興と思い入手した。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.