サロネン/ロサンジェルス・フィルによるルトスワフスキの交響曲全集


ルトスワフスキ 交響曲全集
 サロネン/ロサンジェルス・フィル
 ソニー・クラシカル 1985~2012年 88765440832
88765440832.jpg

エサ=ペッカ・サロネン指揮ロサンジェルス・フィルハーモニックの演奏によるルトスワフスキの交響曲全集。ソニー・クラシカルの新譜。

交響曲第1番は2012年ロサンジェルス、ウォルト・ディズニー・ホールでのライヴ録音。交響曲第2番、第3番、第4番はそれぞれ1994年、1985年、1993年ロサンジェルスでのセッション録音。またルトスワフスキ作曲の「ロサンジェルス・フィルハーモニックのためのファンファーレ」も収録されている。

このうち初出は交響曲第1番とファンファーレのみで、交響曲第2番~第4番の録音は既出。本年はルトスワフスキの生誕100年にあたり、それを記念してのリリースとのこと。

この全集は先月リリースされたのだが、奇しくも先月シャンドスの方からもガードナー/BBC交響楽団によるルトスワフスキ交響曲第1番の新譜がリリースされており、こちらの方も既に交響曲第2番~第4番の録音をリリース済みなので、結果的にサロネン/ロサンジェルス・フィルとガードナー/BBC響は、ほぼ同時にルトスワフスキの交響曲全集を完成させリリースしたことになった。おそらく同一の指揮者とオケによるルトスワフスキ交響曲録音としては、このどちらかが世界初の全集になると思われる。

収録時期を比べてみるとサロネンが交響曲第1番を録音したのが昨年11月~12月、ガードナーが交響曲第1番を録音したのが昨年4月。CDの発売時期としてはサロネン/ロサンジェルス・フィルがタッチの差で早かったのだが、、、

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.