スラトキン/リヨン国立管弦楽団によるラヴェル管弦楽作品集


ラヴェル 管弦楽作品集
 スラトキン/リヨン国立管弦楽団
 Naxos 2011年 8572887
8572887.jpg

レナード・スラトキン指揮リヨン国立管弦楽団の演奏によるラヴェルの管弦楽作品集。Naxosの新譜。2011年フランス、リヨン・オーディトリウムでのセッション録音。「道化師の朝の歌」「亡き王女のためのパヴァーヌ」「スペイン狂詩曲」「ハバネラ形式による小品」「シェエラザード~おとぎ話への序曲」「古風なメヌエット」「ボレロ」の計7曲が収録されている。

昨年秋のN響定期でのショスタコーヴィチに度肝を抜かれたスラトキンは現在フランスの名門リヨン国立管弦楽団の音楽監督を務めており、このコンビが最近ナクソスに録音したベルリオーズのアルバムを入手していたが、それに続いて今度はラヴェルの管弦楽作品集を出してきたので、こちらも入手した。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.