ヴァント/北ドイツ放送交響楽団によるブラームスの交響曲第1番(1990年ライヴ)


ブラームス 交響曲第1番ほか
 ヴァント/北ドイツ放送交響楽団
 Profil 1990年ライヴ PH12058
PH12058.jpg

ギュンター・ヴァント指揮ハンブルク北ドイツ放送交響楽団の演奏によるブラームス交響曲第1番。独Profilの新譜。1990年ケルン、フィルハーモニーでのライヴ録音。

同じ顔合わせによるムソルグスキー(ラヴェル編)組曲「展覧会の絵」のライヴ録音も併録されているが、こちらは初出ではなく同じレーベルから昨年リリースされたPH09029に収録のものと同一音源。

このブラームスの録音前年1989年にヴァントはシカゴ響に客演して同曲を指揮している。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.