ミュンシュ/ボストン響によるロマン派作品のライヴ録音集(CD1)


「ミュンシュ・コンダクツ・ロマンティック・フェイヴァリット」
 ミュンシュ/ボストン交響楽団
 ウェスト・ヒル・ラジオ・アーカイヴ 1951~57年ライヴ WHRA6017

これは購入してからかなり経ってしまい、もはや新譜ともいえないものですが、今年の夏ごろにリリースされたシャルル・ミュンシュとボストン響のライヴ演奏集です。シューマン、ブラームス、ドヴォルザーク、R.シュトラウスの作品を演目とするコンサートでの演奏がディスク5枚組に収録されています。すべてモノラル録音です。

以下は各CDの収録内容です。

CD1:
シューマン チェロ協奏曲(フルニエ)、交響曲第4番&R.シュトラウス 交響詩「死と変容」

CD2:
ブラームス ダブル・コンチェルト(フランチェスカッティ、マイエス)、交響曲第2番

CD3:
ブラームス 大学祝典序曲、ピアノ協奏曲第1番(R・ゼルキン)

CD4:
ドヴォルザーク 交響曲第9番「新世界より」&R.シュトラウス 交響詩「ドン・ファン」

CD5:
R.シュトラウス 歌曲「万霊節」「子守唄」「明日こそは」「セレナード」(ゼーフリート)、交響詩「英雄の生涯」、クープランのクラブサン曲によるディヴェルティメント

以上の収録曲のうち、正規録音のある演目はブラームスの交響曲とピアノ協奏曲、シューマンの交響曲第4番のみですので、ミュンシュのファンにとってはかなり興味深いライヴ集です。

それで、ひととおり演奏を聴いた感想をディスク別に掲載したいと思います。とりあえず今日はCD1の感想で、CD2以降は後日書きます。

そのCD1ですが、この3曲の中では「死と変容」が突出的によく、ミュンシュのリヒャルト演奏中最高の名演ではないかと思います。51年のコンサートのライヴで、自身ボストン響のアンサンブルをほぼ掌握した頃のひとつの充実期における演奏であることが伺われるものです。(4:52)からの第1テーマの震撼的な迫力、情熱的にして奔流のようなオーケストラドライブなど、聴いていてミュンシュのベスト・フォームに近い演奏という感じがしました。

これに対し、シューマンの2曲は相対的に平凡と感じました。フルニエをソロに迎えてのチェロ協奏曲は、フルニエによる同曲のいくつかの異演盤の方が訴求力が上だと思いますし、交響曲第4番もミュンシュにしてはいまひとつ味が薄く、造形的にも穏健な印象を拭えませんでした。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.