ブロムシュテット/ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管によるブルックナー交響曲第9番(2011年ライヴ)


ブルックナー 交響曲第9番
 ブロムシュテット/ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団
 Querstand 2011年ライヴ VKJK1215
VKJK1215

ヘルベルト・ブロムシュテット指揮ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団の演奏によるブルックナー交響曲第9番。独クヴェルシュタントの新譜。2011年11月ゲヴァントハウス大ホールでのライヴ録音。

このコンビのブルックナー交響曲チクルスは2005年から足掛け7年を掛けて着々と進められてきたが、この9番と同時リリースの2番をもって1番以降の全9曲の録音が完成した。

ブロムシュテットのブル9は同じゲヴァントハウス管弦楽団を指揮して1995年にデッカに録音した演奏も良かったが、今回の再録音も楽しみに聴きたい。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.