アンスネス/マーラー・チェンバー・オーケストラによるベートーヴェンのピアノ協奏曲第1番&第3番


ベートーヴェン ピアノ協奏曲第1番・第3番
 アンスネス(pf)/マーラー・チェンバー・オーケストラ
 ソニー・クラシカル 2012年ライヴ 88725420582
88725420582

レイフ・オヴェ・アンスネスの弾き振りとマーラー・チェンバー・オーケストラの伴奏によるベートーヴェンのピアノ協奏曲第1番&第3番。ソニー・クラシカルの新譜。2012年5月プラハ、ルドルフィヌムでのライヴ録音。

アンスネスといえば一昨年ノルウェー室内管を率いて来日した際のモーツァルト(ピアノ協奏曲第23番&第24番)を聴いて感動した記憶が忘れ難く、今回リリースのベートーヴェンの協奏曲集も早速入手した。

マーラー・チェンバー・オーケストラによるベートーヴェンのピアノ協奏曲集というと2004年にリリースされたアルゲリッチの録音が思い出される。第2番と第3番の組み合わせであり、ピアニストと指揮者(アバド)それぞれの個性が絶妙な形で発揮された目覚ましいベートーヴェンだったが、残念ながら協奏曲全集の録音には発展せず、単発に終わった。今回のアンスネスのベートーヴェンは全集に発展するのか。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.