ザンデルリング/スウェーデン放送交響楽団によるブラームスの交響曲第4番


ブラームス 悲劇的序曲、交響曲第4番
 ザンデルリング/スウェーデン放送交響楽団
 ヴァイトブリック 1997年・90年ライヴ SSS01342
SSS01342

クルト・ザンデルリング指揮スウェーデン放送交響楽団の演奏によるブラームスの悲劇的序曲および交響曲第4番。独ヴァイトブリックの新譜。1997年(悲劇的序曲)および1990年(交響曲第4番)ストックホルム、ベルワルドホールでのライヴ録音。

周知のようにザンデルリングはドイツ音楽の中でも特にブラームスを得意とし、ドレスデン・シュターツカペレとの交響曲全集およびベルリン交響楽団との2度目の交響曲全集という珠玉の録音を残している。今回リリースのスウェーデン放送響との4番は時期的にはベルリン交響楽団との録音と同年であり、あの驚異的なスロー・テンポに基づく音楽の揺るぎない構築感がライヴ演奏でも同様に再現されているか、じっくりと聴いてみたい。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.