ラトル/ベルリン・フィルによるビゼーの歌劇「カルメン」全曲


ビゼー 歌劇「カルメン」全曲
 ラトル/ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 EMIクラシックス 2012年ライヴ 4402852
4402852

サイモン・ラトル指揮ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏によるビゼーの歌劇「カルメン」全曲。EMIクラシックスの新譜。2012年4月ベルリン、フィルハーモニーでのライヴ録音。歌手はマグダレーナ・コジェナー(カルメン)、ヨナス・カウフマン(ドン・ホセ)、コスタス・スモリジナス(エスカミリオ)、ゲニア・キュマイアー(ミカエラ)。

ラトル/ベルリン・フィルによるオペラ全曲録音リリースとしては2009年のラヴェルの歌劇「子供と魔法」以来ひさしぶりだが、その前回のラヴェルが意外にも素晴らしかったので今回も入手した。

ここでドン・ホセを歌っているのはヨナス・カウフマンだが、それで思い出したが、昨年のボローニャ歌劇場の来日公演の「カルメン」でもカウフマンは当初ドン・ホセを歌う予定だったが公演直前にキャンセルとなり聴けなかった。このときは代役のマルセロ・アルバレスの歌唱が絶品だったので結果的に穴は埋まった形になったが、カウフマンの歌うドン・ホセもやはり聴いてみたいところだったので、あらためて本CDで聴いてみることにしたい。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.