2012年エリザベート王妃国際コンクール・ヴァイオリン部門ライヴ集


「2012年エリザベート王妃国際コンクール ヴァイオリン部門ライヴ集」
 バラーノフ、成田達輝、ヒョンス他(vn)
 Arte Verum 2012年ライヴ QEC2012ENC
QEC2012ENC

2012年エリザベート王妃国際コンクールのヴァイオリン部門ライヴ集。Arte Verumレーベルの新譜。2012年5月ブリュッセルでの同コンクールのセミ・ファイナルとファイナルにおけるライヴ録音。

以下の演奏がCD4枚に収録されている。なお伴奏は⑪~⑬がワロニー王立室内管弦楽団、それ以外がベルギー国立管弦楽団が担当している。

①ショスタコーヴィチ ヴァイオリン協奏曲第1番
 アンドレイ・バラーノフ(2012年コンクール優勝)

②シベリウス ヴァイオリン協奏曲
 シン・ヒョンス(2012年コンクール第3位)

③イザイ ヴァイオリン・ソナタ
 成田達輝(2012年コンクール第2位)

④ヴィクトール・キーシン カプリス
 アンドレイ・バラーノフ(2012年コンクール優勝)

⑤ラヴェル ヴァイオリン・ソナタ 
 チェン・ユーチェン(2012年コンクール第5位)

⑥ブロッホ ニーグン
 アルティオム・シシュコフ(2012年コンクール第6位)

⑦パガニーニ ヴァイオリン協奏曲第1番
 成田達輝(2012年コンクール第2位)

⑧ベートーヴェン ヴァイオリン協奏曲
 エステル・ユー(2012年コンクール第4位)

⑨ブラームス ヴァイオリン・ソナタ第3番
 シン・ヒョンス(2012年コンクール第3位)

⑩酒井健治 ヴァイオリンとオーケストラのための協奏曲
 成田達輝(2012年コンクール第2位)

⑪モーツァルト ヴァイオリン協奏曲第3番
 アンドレイ・バラーノフ(2012年コンクール優勝)

⑫モーツァルト ヴァイオリン協奏曲第4番
 シン・ヒョンス(2012年コンクール第3位)

⑬モーツァルト ヴァイオリン協奏曲第5番
 アルティオム・シシュコフ(2012年コンクール第6位)

世界3大音楽コンクールのひとつとして知られるエリザベート王妃国際コンクールの2012年ヴァイオリン部門は周知のように弱冠20歳の日本人ヴァイオリニスト成田達輝の2位入賞が話題となったが、その実況録音を含む同部門入賞者のライヴ集がリリースされたということで是非聴いてみたいと思い入手した。

その成田達輝により⑩で演奏されている酒井健治の「ヴァイオリンとオーケストラのための協奏曲」は2011年の同コンクールの作曲家部門で日本人として35年ぶりにグランプリを獲得した記念碑的作品であり、2012年の同コンクールのヴァイオリン部門ファイナルにおいて課題曲に設定されるという栄誉に浴している。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.