ブロムシュテット/ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管によるブルックナー交響曲第1番


ブルックナー 交響曲第1番
 ブロムシュテット/ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団
 Querstand 2011年ライヴ VKJK1115
VKJK1115

ヘルベルト・ブロムシュテット指揮ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団の演奏によるブルックナー交響曲第1番。独クヴェルシュタントの新譜。2011年6月ゲヴァントハウス大ホールでのライヴ録音。

このコンビのブルックナーのライヴチクルスは楽しみに聴いているので今回の1番も早速入手した。

余談だが、ゲヴァントハウス管のブルックナー1番というと、個人的にはヴァーツラフ・ノイマンの録音が思い浮かぶ。

00094662BC
ブルックナー 交響曲第1番
 ノイマン/ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団
 ベルリンクラシックス 1965年 00094662BC

これは1965年の録音だから、もう50年近くも前のものになるが、この交響曲のブルックナーとしては異端的な作風を、このノイマン盤ほど魅力的に聴かせた演奏も珍しい。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.