スクロヴァチェフスキ/読売日本交響楽団によるシューマンの交響曲第4番


シューマン 交響曲第4番
 スクロヴァチェフスキ/読売日本交響楽団
 読売日響自主制作 2007年ライヴ GES-13954
GES-13954

スタニスラフ・スクロヴァチェフスキ指揮、読売日本交響楽団の演奏によるシューマンの交響曲第4番。読売日響自主制作によるCD。2007年東京、サントリーホールでのライヴ録音。

先月このオーケストラの演奏会を聴きに行った折に入手したCDだが、ここに収録されているのは2007年9月25日の、サントリーホールにおけるライヴだが、この演奏会には足を運んでいたので、このシューマンは客席で耳にしていた

そういうわけで懐かしい演奏との思いがけない再会となったが、この演奏会は確か、サントリーホールが3月いっぱいで改装のため休館したため、半年くらい御無沙汰したあと久々にホールに足を運んだ演奏会であり、それだけに普段よりもコンサート自体の印象がいっそう強かったし、演奏内容も素晴らしいものだった。

このシューマン4番は演奏会の前半の演目であり、後半はショスタコーヴィチの交響曲第10番だったが、このショスタコーヴィチは超弩級の名演だったと記憶している。もし録音が存在するなら是非ともリリースを希望したい。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.