ビエロフラーヴェク/BBC交響楽団によるスークの交響曲第2番「アスラエル」


スーク 交響曲第2番「アスラエル」
&ブリテン シンフォニア・ダ・レクィエム
 ビエロフラーヴェク/BBC交響楽団
 スプラフォン 2008年ライヴ SU4095
SU4095

イエジ・ビエロフラーヴェク指揮BBC交響楽団によるスークの交響曲第2番「アスラエル」。スプラフォンの新譜。2008年プラハの春国際音楽祭におけるプラハ市庁舎スメタナホールでのライヴ録音。また同じコンサートで演奏されたブリテンのシンフォニア・ダ・レクィエムも別CDに収録されている。

ビエロフラーヴェク/BBC響は昨年オニキスからリリースされたマルティヌー交響曲全集が非常に良かったが、今度はスプラフォンから同じチェコの作曲家であるスークのアスラエル交響曲のライヴが出たので早速入手した。

アスラエル交響曲はヨセフ・スークが作曲の師であるドヴォルザークの死を契機に、その哀悼の意を込めて作曲に着手し、1906年に完成した。死者の霊を導く天使とされるアスラエルがタイトルに据えられているが、これは前述のドヴォルザークの死と、そのドヴォルザークの娘にしてスークの妻であったオティリエの死を悼む意図から付けられたものであろうとされている。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.