クラッゲルードとエンゲセト/ダーラ・シンフォニエッタによる北欧のヴァイオリン名曲集


北欧のヴァイオリン名曲集
 クラッゲルード(vn) エンゲセト/ダーラ・シンフォニエッタ
 ナクソス 2011年 8572827
8572827

ヘンニング・クラッゲルードのヴァイオリン演奏とビャルテ・エンゲセト指揮ダーラ・シンフォニエッタの伴奏による北欧のヴァイオリン名曲集。ナクソスの新譜。2011年5月スウェーデン、ファルン・クリスティーネハレでのセッション録音。

収録曲は以下の通り。

①オルセン ノルウェイ、ロムからの6つの古い村の歌
②アッテルベリ ヴァイオリン、ヴィオラ、弦楽オーケストラのための組曲第3番(2台ヴァイオリンと弦楽版、世界初録音)
③ステーンハンマル ヴァイオリンとオーケストラのための2つの感傷的なロマンス
④ブル ハヴァナの思い出
⑤ブル 山の幻影(ヴァイオリンと弦楽合奏版)
⑥ハルヴォルセン ヴァイオリンとオーケストラのためのノルウェイ舞曲第3番
⑦シベリウス ヴァイオリンとオーケストラのためのユモレスク(Op.87&89)
⑧シンディング 晩景

クラッゲルードの新譜としてはシンディングのヴァイオリンとピアノのための作品集(第2集)以来2年ぶりのリリースになるが、このヴァイオリニストの北欧作品に対する情熱ならびに演奏の素晴らしさは尋常一様のものでなく、今回の北欧名曲集も早速入手した。

それにしても日本語帯のタイトルが「ノルウェーのヴァイオリン名曲集」となっているのは明らかに変。「NORDIC」を誤訳したのか?

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.