アルテミス四重奏団によるシューベルトの後期弦楽四重奏曲集


シューベルト 弦楽四重奏曲第13番~第15番
 アルテミス四重奏団
 Virgin 2009年 6025122
6025122

アルテミス四重奏団によるシューベルトの弦楽四重奏曲集。英Virginの新譜。2009年ドイツ、ベルリンでのセッション録音。収録曲は弦楽四重奏曲第13番「ロザムンデ」、同第14番「死と乙女」、同第15番の3曲。

ベートーヴェンの弦楽四重奏曲チクルスのCDが素晴らしかったアルテミス四重奏団が今度はシューベルトの四重奏曲集をリリースということで早速入手。

もっとも録音自体は先のベートーヴェン・チクルスの完成途上で行われている。同時代に生きながら対照的な性格をもつ、これら二人の偉大な作曲家のカルテットを並行して録音することは自分たちにとって大いなる挑戦だったと、同カルテットのチェロ奏者エカルト・ルンゲがライナーノートで述懐している。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.