アポロ・アンサンブルによるハイドンの交響曲第6番~第8番


ハイドン 交響曲第6番「朝」・第7番「昼」・第8番「夕」
 アポロ・アンサンブル
 Centaur 2010年 CRC3173
CRC-3173

アポロ・アンサンブルの演奏によるハイドンの交響曲第6番「朝」・第7番「昼」・第8番「夕」。米Centaurの新譜。2010年オランダでのセッション録音。

このハイドンの初期交響曲3部作は2年前に読売日響のコンサートで初めて実演を聴いた。そこではカンブルランの指揮によりハイドンの意外な先鋭性が巧く表現されていたのが面白く印象に残っているが、さすがに新譜となると数年に一度くらいしか出ないし、この機会にと思い入手してみた。

アポロ・アンサンブルはダヴィド・ラビノヴィチをリーダーとして1992年に設立されたオランダのピリオド・オーケストラであり、ハイドンの録音としては今回が通算14枚目のリリースとのこと。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.