ムジカ・コンテクスタの声楽合唱によるウィリアム・バードのグレート・サーヴィス(大典礼曲)


ウィリアム・バード グレート・サーヴィス
 ムジカ・コンテクスタ
 Chaconne 2011年 CHAN0789
CHAN0789

ムジカ・コンテクスタの声楽合唱によるウィリアム・バードのグレート・サーヴィス(大典礼曲)。英シャンドスの古楽レーベルChaconneの新譜。2011年5月イギリスのアッパー・ノーウッド、セント・ジョンズ教会でのセッション録音。

「グレート・サーヴィス」はバードが当時のイギリス国教会のために作曲した礼拝音楽であり、テ・デウム、ベネディクトゥス、キリエなどの7曲で構成されるが、本録音では各曲の間にバード作曲のモテット、詩篇、アンセム、オルガン前奏曲などが適宜挿入される形で収録されている。器楽パートはイングリッシュ・コルネット・アンド・サックバット・アンサンブルが担当、オルガン・パートの演奏者はスティーヴン・ディヴァイン。

バードの声楽曲は先月のLFJにおけるマリア・ケオハネ&リチェルカール・コンソートの演奏会で聴いたが、そこで取り上げられたのは世俗歌だった。

イギリス・ルネサンスを代表する宗教音楽の大家として知られるバードの本領はやはり宗教曲だと思うが、ちょうどそのバードの本格的な宗教音楽の新譜がリリースされたので入手した。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.