ダン・タイ・ソンとマクシミウク/シンフォニア・ヴァルゾヴィアによるショパンのピアノ協奏曲第1番&第2番


ショパン ピアノ協奏曲第1番&第2番
 ダン・タイ・ソン(pf) マクシミウク/シンフォニア・ヴァルゾヴィア
 ビクター 1992年 VICC-98
VICC-98

ダン・タイ・ソンのピアノ・ソロとイェジー・マクシミウク指揮シンフォニア・ヴァルゾヴィアの伴奏によるショパンのピアノ協奏曲第1番&第2番。ビクター・エンターテイメントのCD。1992年ワルシャワ、フィルハーモニーホールでのセッション録音。

ダン・タイ・ソンは昨年秋のパリ管の来日公演で初めて聴いたが、流暢な打鍵の運びから繰り出されるピアノの音色の怜悧な美しさ、どのパッセージワークひとつとっても奇麗に粒の揃って美しいピアニッシモの音立ち、フォルテッシモにおいてさえふっくらと柔らかみのあるドリーミーな音色の諧調と、その独特のピアニズムがとても魅力的だった。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.