リチャード・タニクリフによるバッハの無伴奏チェロ組曲集


J.S.バッハ 無伴奏チェロ組曲(全曲)
 タニクリフ(vc)
 Linn Records 2010年・2011年 CKD396
CKD396

リチャード・タニクリフのチェロ演奏によるバッハの無伴奏チェロ組曲(全曲)。英Linnレコードの新譜。2010年10月から2011年11月にかけてのイギリスのケンブリッジ、チェスタートン、聖ジョージ教会でのセッション録音。

使用楽器は1720年製のバロック・チェロだが、第6番は5弦のチェロ・ピッコロ使用。ピッチは415Hzとある。

タニクリフはイギリスのピリオド・オーケストラであるエイジ・オブ・エンライトメント管弦楽団の首席チェロ奏者にして現在のバロック・チェロ演奏の第一人者として知られる。

モダン・チェロにおいてさえ演奏が至難とされるバッハの無伴奏チェロ組曲のバロック・チェロによる録音は少なく、新譜も年に一回でるかでないかという頻度。バロック・チェロ奏者にとってはさぞかし挑戦しがいのある作品だろうし、そのあたりのチェリストのチャレンジ精神に惹かれて入手した。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.