NHK交響楽団・定期公演(2/18 NHKホール)


2/18 NHKホール
NHK交響楽団 定期公演

2012-02-18a

指揮:ジャナンドレア・ノセダ

演目:
チャイコフスキー ピアノ協奏曲第1番
 (ピアニスト:デニス・マツーエフ)
カセルラ 交響曲第2番 (日本初演)

アンコール(マツーエフ):
リャードフ 音楽玉手箱より「おどけたワルツ」
ジャズ音楽の即興演奏

最近リリースされたCDでの好演が印象に新しいマツーエフとノセダの共演ということで出撃。演目は前半が超有名曲、後半が超無名曲、という組み合わせだったが、2曲とも演奏家の強い共感と熱意に満ち溢れた素晴らしい演奏が披歴された。非常に聴きごたえのあるコンサートだった。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.