マーウッド、パワーとヴォルコフ/BBCスコティッシュ交響楽団によるブリテンの協奏曲集


ブリテン ヴァイオリン協奏曲、二重協奏曲、ラクリメOp.48a
 マーウッド(vn)、パワー(va)
  ヴォルコフ/BBCスコティッシュ交響楽団
 ハイペリオン 2011年 CDA67801
CDA67801

アンソニー・マーウッドのヴァイオリン、ローレンス・パワーのヴィオラ、イラン・ヴォルコフ指揮BBCスコティッシュ交響楽団の伴奏によるブリテンの協奏曲集。収録曲はヴァイオリン協奏曲、ヴァイオリンとヴィオラのための二重協奏曲、ヴィオラとオーケストラための「ラクリメOp.48a」の3曲。英ハイペリオンの新譜。2011年1月グラスゴー、シティ・ホールでのセッション録音。

ハイペリオンは現在、あまり知られていないヴァイオリン協奏曲を録音するというシリーズを続けており、昨年末にレーガーのヴァイオリン協奏曲が出たのを入手していた。それで今度はブリテンが出たので取り寄せてみたら勘違いで、そのシリーズとは別に関係のない、普通の新譜だった。確かにブリテンのヴァイオリン協奏曲と二重協奏曲は最近しばしば録音されているし、とくに知られざる作品というイメージは合わないのかもしれない。

ただ、この2つの協奏曲が一枚のCDに録音されるケースというのは意外とみかけないので、なんとなく贅沢なカップリングという感じがする。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.