マゼール/バイエルン放送響によるブルックナー交響曲全集


ブルックナー 交響曲全集
 マゼール/バイエルン放送交響楽団
 BrKlassik 1999年ライヴ 900711
900711

ロリン・マゼール指揮バイエルン放送交響楽団の演奏によるブルックナーの交響曲全集。1999年ミュンヘン、ガスタイクでのライヴ収録。交響曲第0番~第9番の全10曲がCD11枚に収録されている。一昨年の秋頃にバイエルン放送響の自主制作レーベルからリリースされていた。

昨年末に某オンラインサイトのバーゲンセールで以前の半額くらいで販売されていたので取り寄せてみた。マゼールのブルックナーの録音というと、過去にベルリン放送響やベルリン・フィルなどを指揮したものが単発的にリリースされていたが、それらのなかでも個人的にはウィーン・フィルとの5番が特に優れていたように思う。マゼールの才気が十分に発揮されていたうえにウィーン・フィルの音響美も引き立っていた。

POCL4324
ブルックナー 交響曲第5番
 マゼール/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 デッカ 1974年 POCL4324

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.