ダニロ・ロッシのヴィオラ演奏によるショスタコーヴィチとヒンデミットのヴィオラ・ソナタ


ショスタコーヴィチ ヴィオラ・ソナタ
&ヒンデミット ヴィオラ・ソナタほか
 ロッシ(va)、ベッツィッケーリ(pf)
 LIMEN 2011年 CDE10C011
CDE10C011

ダニロ・ロッシのヴィオラとステファノ・ベッツィッケーリのピアノによるショスタコーヴィチとヒンデミットのヴィオラ・ソナタ。イタリアLIMENレーベルの新譜。2011年ミラノでのセッション録音。他にブリテンのラクリメop.48も収録されている。

愛聴曲であるショスタコーヴィチのヴィオラ・ソナタの新譜ということで入手した。ロッシはバシュメットに師事した経歴のあるイタリアの名手。この作品は多くの名だたるヴィオリストが録音に挑んでいる難曲だが、中でもユーリ・バシュメットの演奏は出色だった。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.