ジュリーニ/ウィーン・フィルによるベートーヴェンの交響曲第3番「英雄」&第4番


ベートーヴェン 交響曲第3番「英雄」、交響曲第4番
 ジュリーニ/ウィーン・フィル
 Altus 1994年ライヴ ALT220
ALT220

カルロ・マリア・ジュリーニ指揮ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏によるベートーヴェンの交響曲第3番「英雄」と第4番。アルトゥスの新譜。1994年ウィーン、ムジークフェラインザールでのライヴ録音。

この指揮者とオーケストラの顔合わせで、この演目であれば食指をそそられる、といった往年のコンサートのライヴ盤が、このところ立て続けにリリースされている。パレー/デトロイト響のマーラー、サヴァリッシュ/N響のブラームス、サヴァリッシュ/ウィーン・フィルのブルックナー、ブロムシュテット/N響のマーラー、朝比奈/大フィルのブルックナー、ヴァント/N響のモーツァルト。

そしてジュリーニ/ウィーン・フィルのベートーヴェン。ちょうど同じ時期にジュリーニはミラノ・スカラ座フィルを指揮した「英雄」をソニーからリリースしている。遅めのテンポから展開される濃密なカンタービレが味わい深い、最晩年のジュリーニならではの様式のベートーヴェンだった。

SK58974
ベートーヴェン 交響曲第3番「英雄」
 ジュリーニ/ミラノ・スカラ座フィルハーモニー管弦楽団
 ソニー・クラシカル 1992年 SK58974

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.