朝比奈/大阪フィルによるブルックナー交響曲第7番の1975年オランダライヴ


ブルックナー 交響曲第7番
 朝比奈隆/大阪フィルハーモニー交響楽団
 Altus 1975年ライヴ ALT219
ALT-219

朝比奈隆の指揮、大阪フィルハーモニー交響楽団の演奏によるブルックナー交響曲第7番。アルトゥスの新譜。1975年10月26日オランダ、フローニンゲン・オースターポート大ホールでのライヴ。

これは朝比奈/大阪フィルの1975年ヨーロッパ公演の最終日のコンサートのものとされる。このヨーロッパ公演における朝比奈/大阪フィルのブルックナーの録音というと有名なのが以下の、同年の10月12日におけるリンツ、ザンクト・フローリアン大聖堂での交響曲第7番のライヴだが、今回リリースのCDはその2週間後におけるオランダでの同曲のライヴ録音ということになる。

VDC1214
ブルックナー 交響曲第7番
 朝比奈隆/大阪フィルハーモニー交響楽団
 ビクター 1975年ライヴ VDC1214

ライナーノートによると、ザンクト・フローリアンの時は会場の都合で木管の倍管編成が採れなかったが、こちらのオランダのホールでは倍管編成での演奏となっているとのこと。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.