パレー/デトロイト響によるマーラー交響曲第5番


ベートーヴェン ピアノ協奏曲第2番
&メンデルスゾーン ヴァイオリン協奏曲
&マーラー 交響曲第5番
 グールド(pf)、スタインハード(vn)
 パレー/デトロイト交響楽団
 Tahra 1959年・60年ライヴ TAH721
TAH721
 
ポール・パレー指揮デトロイト交響楽団の演奏によるマーラー交響曲第5番。仏TAHRAの新譜。1959年デトロイトでのコンサートのライヴ録音。併録としてパレー/デトロイト響とグレン・グールドの共演によるベートーヴェンのピアノ協奏曲第2番(1960年デトロイトでのライヴ)、同じくアーノルド・スタインハードとの共演によるメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲(1959年デトロイトでのライヴ)も収録されている。

名匠パレーのライヴ音源新規リリースということで入手した。グールドとの共演によるベートーヴェンというのも興味深いがそれ以上に興味をそそられるのがマーラー。パレーは得意のフランスものに限らずレパートリーの広い指揮者だったが、マーラーというのは聴いたことがない。

ここでの交響曲第5番の全曲タイムは62分とあり、カットなしとするなら相当に推進的なテンポのはず。50年代のマーラーのライヴだけに現代のようなカッチリしたアンサンブル展開ではないと思われるが、マーラー音楽特有の狂気というのはむしろ、こういう年代のライヴにしばしば色濃いものだ。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.